従業員の交通事故リスクを削減するなら【ムジコサポート】へ!適切な安全管理の研修プランをご提案~忘れがちな交通ルール~

交通事故リスクの削減を目指すなら【ムジコサポート】が実施する研修へ

交通事故リスクの削減を目指すなら【ムジコサポート】が実施する研修へ

交通事故リスク削減を目指すなら【ムジコサポート】が開催する研修にご参加ください。

新入社員やアルバイトまたは運転経験の浅い方が、会社所有の営業車で事故を起こしたり、車に傷をつけてしまうケースは多く見受けられます。【ムジコサポート】では、安全運転に必要な知識・技術を身につけるとともに、運転モラル・マナーを学べる交通事故リスクの削減を目的とした講習を実施しております。

従業員ひとりひとりの運転スキルや性格をしっかりと診断した上で、適切な研修プランをご提案いたします。ご要望に応じて、課題・テーマに合わせた経験豊富な講師の派遣にも対応可能です。

従業員の安全管理の向上をサポートする【ムジコサポート】

従業員の安全管理の向上をサポートする【ムジコサポート】

一定以上の台数の自動車を保有する事業所は、交通事故リスクの削減や安全確保を目的として、安全運転管理者を選任することが義務付けられています。安全運転管理者には厳格な選定基準や資格が必須で、これらは企業の安全・信頼を守る上で欠かせないものです。

神奈川・茨城などのエリアに対応する【ムジコサポート】は従業員の安全管理の向上を目指して、交通事故リスク削減の研修を実施しております。研修では、ドライバーや社用車の適切な運行管理のノウハウをご説明いたします。

組織に在籍する従業員の安全管理の向上を目指すなら、ぜひ【ムジコサポート】の講習にご参加ください。お問い合わせ・ご相談をお待ちしております。

忘れがちな交通ルール

高速道路での燃料切れはNG

燃料切れによる立ち往生が高速道路上で起きた場合、道路交通法違反になってしまいます。自動車の燃料はその都度、確認しておく必要があります

安易にクラクションを鳴らすと違反

運転中、ついつい鳴らしてしまいがちなクラクション。しかし、クラクションには警音器使用制限があるため、安易に鳴らすことは禁止されています。クラクションを鳴らしていいのは、危険防止をするときや見通しの悪い道だけです。

夜間走行のハイビームは状況に応じて活用

自動車には、遠くを照らすハイビームと近くを照らすロービームがあります。ハイビームは照射距離が長いため、夜間走行時は歩行者や障害物等を早く発見するために使用が推奨されています。ただし、前方車や対向車などがある場合や市街地などでは、ハイビームが他の車や歩行者などの視界を眩ます危険があるため、上手くハイビームとロービームを切り替えて活用することが大切です。

交通事故リスクを削減するなら、講習を行う【ムジコサポート】へ

会社名 株式会社ムジコ・クリエイト
TEL 0172-28-2727(ムジコ・クリエイト本社)
TEL 03-6261-4783(ムジコ・クリエイト東京営業所)
URL https://625.jp

ムジコサポートに関するお問い合わせは

03-6261-4783 ムジコ・クリエイト東京営業所 0172-28-2727 ムジコ・クリエイト本社
資料請求 お問合せ